やまびこ10月号 TOPページ
本文へスキップ

やまびこ 2013年10月号 をお届けします。

電話でのお問い合わせはTEL.

猛暑が去って、待ちに待った秋の訪れ…
 スポーツ、読書、味覚、旅行、おしゃれ等々の好季節!




皆様、いかがお過ごしでしょうか…
 2020年夏季五輪・パラリンピックが東京に決まり、日本の元気が
よみがえってきた感じです。こんな気分は久しぶり!
何といっても、もう一度、日本で見られるのが楽しみですね。

 教室の生徒さんの中には、高齢者の方が多く「お互い頑張りましょうネ」との会話が聞かれます。楽しい目標が増えて、会話も弾み、
ほほえましい光景を目にしています。
 IOC総会での最終プレゼンテーション、高円宮妃久子さまの
スピーチは震災へのお礼やスポーツのすばらしさを伝えながら、
直接的には招致には触れないという絶妙な内容で、またその気品
あふれるお人柄に心打たれました。
高円宮妃久子さまのIOC総会スピーチ全文」をご紹介します。
<見方>
本文をマウスで、上下にドラッグしてください。文章が上下します。最後までご覧ください。
または、本文内を一度クリックし、マウスの中央のボタンを回してもOKです。


     

「97歳のカナダ人シスターの幸せの言葉 」をご紹介します。
                    作家 中井俊已さんの「心の糧・いい言葉」より抜粋

ジャンヌ・ボッセ(97歳)さん。日頃、心がけている気持ちをつづった
『しあわせは微笑みが連れてくるの』という本を昨年9月に出され、反響を呼んでいます。

ジャンヌ・ボッセさんは、1947年、30歳でカナダから来日し、66年目。
いま調布の修道会で聖書の勉強会を開いていらっしゃいます。

97歳のカナダ人シスターの幸せの言葉
当たり前のことにも感謝する
小さなことにも喜びを見つける
おいしくいただけることに心からありがとう

心配の「種」を拾っても、それを育てなければいいのです
心に垢をためないよう、まいにちきれいに洗いましょう
どんな苦しみも永遠に続くことはありません
自分の弱さを知っていれば他人にも優しくなれます
とげの刺さる思いをしたときが、自分を振り返るチャンスです

 執着をなくし、こだわらずに生きましょう
 そこにいてくれるだけでいい人がいちばんありがたいのです

老いは誰でも迎えるものですから、淡々と受け取りましょう

 新しいことを始めるのに、年齢は関係ありません
 無理をしないでお休み上手になりましょう

 ありがたく助けていただくことも、時には必要です

 ひとりひとりが素晴らしい作品であることを誇りましょう

 人は皆、いつも旅の途中にいると考えましょう

本は最後に、「人は生きているかぎり成長し続ける作品」
「私もまだまだ旅の途中」と結んでいらしゃいます。

89歳で足を手術。90歳でパソコンを覚えたそうです。
毎日午後は、カナダの親戚へメール。

shop info店舗情報

パソコン箕面教室

〒562-0013
箕面市坊島3-21-7大常ビル2階
TEL.0727-20-5311
FAX.0727-20-5311

shop info店舗情報

パソコンきらく館

〒586-0092
河内長野市南貴望ヶ丘1-1
TEL.0721-50-0505
携帯.090-7769-7429